豊岡・丹後旅行(2/4):豊岡 ホテル「豊岡スカイホテル」さん2014/02/17 22:45

冬恒例のカニ旅行の2日目。

【1日目】
行程:品川08:57発-京都11:08着(のぞみ103号)
    京都11:25発-城崎温泉13:49着(きのさき3号)
宿泊:城崎温泉「志賀直哉ゆかりの宿 三木屋」さん

【2日目】
行程:城崎温泉11:39発-豊岡11:53着(山陰本線)
宿泊:「豊岡スカイホテル」さん

【3日目】
行程:豊岡13:33発-木津温泉14:03着(丹後あかまつ2号)
宿泊:夕日ヶ浦温泉「離れの宿 和楽」さん

【4日目】
行程:木津温泉10:55発-豊岡11:30着(北近畿タンゴ鉄道)
    豊岡12:42発-京都15:05着(きのさき16号)
    京都15:26発-品川17:36着(のぞみ232号)


三木屋さんで迎える二日目は早朝の朝風呂からスタート。
まだ日の出る前に内湯へ。
内湯は男湯、女湯、家族風呂と3つあり、毎日21時で男女の湯処が入れ替えになるらしく、前日入ったのとは別のところ。
城崎温泉「三木屋」さんの内湯

脱衣所はきれい。
城崎温泉「三木屋」さんの内湯

でも、こっちの湯はレトロなタイル張り。
城崎温泉「三木屋」さんの内湯

そして朝食。
一見、飲むヨーグルトだけど、酒粕だとか。
城崎温泉「三木屋」さんの朝食

跳ねますからね、とテーブルの端っこに追いやられたお鍋。
これは豆乳から作る豆腐。
確かに跳ねた。こわいこわい。
城崎温泉「三木屋」さんの朝食

カレイの干物。
城崎温泉「三木屋」さんの朝食

お漬物。
城崎温泉「三木屋」さんの朝食

煮物とお浸しと温泉卵。
城崎温泉「三木屋」さんの朝食

食後に一休みして、チェックアウト前にもうひとっ風呂。
今度は家族風呂へ。
無料で空いていれば内側から鍵をかけてご自由に。
城崎温泉「三木屋」さんの内湯

洗い場も広くて、もしかしたら昔はここがメインの風呂場だったのかなぁ、って感じ。
城崎温泉「三木屋」さんの内湯

11時にチェックアウト。
今日は前日の晴天から一転、冷たい雨。
お宿の車で駅まで送ってくれました。ありがとう。

駅前にあるカニのオブジェ。
城崎温泉駅

駅の構内には、こんなものが。
どうも地蔵湯とまんだら湯が人気のようだけど...地蔵もまんだらもちょっと狭いから、すぐ混雑しちゃうんだよね。個人的には御所の湯が好きかな。大きくて利用者も多いけど、入り口で草履を処理するスタッフのテキパキ感が半端なく見てて感動したし、露天や内風呂が広くて、立ったまま入る深っけぇ湯とかあったりして面白かったし。
城崎温泉駅

メッセージボードまであるよ。
城崎温泉駅

城崎温泉からローカル線で2つ先の豊岡駅へ。
駅に着くとホームには何やら見慣れぬ自販機が。
トートバッグみたいなカバンの自販機だってさ。
どうも、豊岡はカバンの街でもあるみたいですよ。
豊岡駅のカバンの自販機

お昼は名物の皿そばを食べてみよう、ということで、豊岡駅から路線バスに乗って出石へ。
30分位と聞いていたが、天気が悪いこともあってか、45分位かかってぐったり。
バス停からほどなく出石城址。
寒い。ちょー寒い。雪にならないぎりぎりの冷たい雨。寒い。
出石城跡

歴史ある古い街みたいですよ。
寒い。
出石の案内

出石のランドマーク的な存在の「辰鼓楼(しんころう)」。
寒い。
辰鼓楼

街並み。
寒い。
出石の街並み

さて、13時を回ってるし、飯にしよう。
皿そばのお店がとにかく多い中、人気のよしむらさんに行ってみると、普段行列がすごいらしいお店も、平日の昼間で並んでる人がいなくてラッキー!
なんて甘かった。店内にいました、待ってる人が..でも15分くらいで座れたからマシか。
出石皿そば「よしむら」さん

お蕎麦のメニューは、皿そば、にしんそば、玉子そばの3つだけ。
で、さっそく皿そば。
基本、1人前5皿ということですが、右も左もわからないのでとりあえず2人前を注文。
来たらこんな感じに。
そばつゆと薬味の他、生卵、山芋がついてくるので、最初はそばつゆ、そしてとろろ、さらに玉子を加えて味を変えていくらしいのだが、個人的にはネバドロ系はNGなので、自分はそばつゆオンリー。
そばつゆは出汁の風味が強めで辛くなく、そのまま飲めなくもない感じ。いいね。
出石皿そば

そしてあっという間にこんな感じに。
お皿は出石焼という白い磁器。とにかく何もかも真っ白。
出石皿そば

なんとなく物足りないので、10皿追加。
そしてさらに10皿追加。
最後は蕎麦湯で〆て、結局、こうなりました。
まだまだいけそうだったけど、まぁ、このあたりで止めとこう。
出石皿そば

お土産を買って、豊岡駅に戻り、宿へ。
今宵は豊岡スカイホテルさん。
豊岡スカイホテルさん

のツインのお部屋。
ちょっと狭いけど、まぁ、問題なし。
豊岡スカイホテルさん

そして駅前をふらふら散策の後、晩御飯の店探し。
昨日はカニだったから、今日は但馬牛だよな、ってことで、但馬牛を食べられるお店を探し、ボヌールポルテさんへ。
但馬牛レストラン「ボヌールポルテ」さん

但馬牛のステーキがいただけるコースをオーダー。
まず前菜のカルパッチョ。
但馬牛レストラン「ボヌールポルテ」さん

ジャガイモのポタージュ。
これ美味い!
但馬牛レストラン「ボヌールポルテ」さん

シーザーサラダ。
但馬牛レストラン「ボヌールポルテ」さん

そして、来ました、但馬牛のヘレステーキ。
ヒレって言ったらヘレと言われた。
ま、いいけど。
いやいや美味いねぇ、これ。岩塩とポン酢とガーリックチップがついてきたけど、岩塩が一番かなぁ。
但馬牛レストラン「ボヌールポルテ」さん

デザートとコーヒー。
いやぁ、美味かった。
ごちそうさん!
但馬牛レストラン「ボヌールポルテ」さん


宿に戻ってソチ五輪に一喜一憂しつつ爆睡。

さ、明日は丹後の木津温泉で〆のカニです!



※ご注意:掲載内容は旅行/宿泊当時の情報です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://narunaru.asablo.jp/blog/2014/02/17/7229041/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。