和歌山旅行(1/4):ホテル「ホテル三楽荘」さん2015/06/27 23:59

結婚記念日が近くなったということで今年は3泊4日で南紀へ。

【1日目】
行程:品川08:07発-新大阪10:33着(のぞみ207号)
    新大阪11:00発-白浜13:16着(くろしお9号)
宿泊:「ホテル三楽荘」さん

【2日目】
行程:白浜10:12発-紀伊勝浦11:33着(くろしお1号)
宿泊:「かつうら御苑」さん

【3日目】
行程:紀伊勝浦08:52発-白浜10:18着(くろしお14号)
宿泊:「THE HOTEL しらはま温泉」さん

【4日目】
行程:白浜14:34発-新大阪16:50着(くろしお22号)
    新大阪18:20発-品川20:46着(のぞみ46号)


今年の記念日旅行は、まだ行ったことのない和歌山県へ。
ちょっと早めにスタート。
品川駅新幹線発着ホームにて

のぞみ207号

新大阪でくろしお号に乗り換え。
オーシャンアローって車両。
イルカがモチーフらしい。
くろしお9号

くろしお9号の車内

乗り換えのときに新大阪駅の中にあるエキマルシェでなにわ鯛焼きパイってのを買ってみたよ。
種類がいろいろあったけど買ったのはアップルパイ。
サクサクで美味いねこれ!
なにわ鯛焼きパイ

白浜駅到着。
ちょいと雨がパラついてるけど、台風とか来なくて良かった良かった。
白浜駅

宿のチェックインには時間があるので、近くにあるとれとれ市場へ。バスで5分ほど。
とれとれ市場

中は鮮魚やらお土産やらレストランやら..やたら広いっす。
とれとれ市場

和歌山といえばやっぱ梅ですかねぇ。それにしてもこりゃでかい。
とれとれ市場

とれとれ市場をぶらぶらしつつ、今宵の宿「ホテル三楽荘」さんへ。
旅館:「ホテル三楽荘」さん

部屋は8階の808。
旅館:「ホテル三楽荘」さん

旅館:「ホテル三楽荘」さん

10畳の和室。
旅館:「ホテル三楽荘」さん

内風呂。
旅館:「ホテル三楽荘」さん

トイレ。
旅館:「ホテル三楽荘」さん

入ってすぐのところに洗面所あったけど、和室の奥にも洗面所。
旅館:「ホテル三楽荘」さん

ベランダには温泉風呂。
旅館:「ホテル三楽荘」さん

泉質の説明には無色透明とあるけど、じゃっかん褐色。湯の花ですかね。
旅館:「ホテル三楽荘」さん

旅館:「ホテル三楽荘」さんの温泉成分表

ベランダからは白良浜が一望できて良いねぇ。
想像してたのよりきれいなビーチ。
着いた日はビーチラグビーの大会をやってて、放送がにぎやかでした。
旅館:「ホテル三楽荘」さんの部屋からの眺め

ひとっ風呂浴びて、夕食。
旅館:「ホテル三楽荘」さんの夕食

食前酒はやっぱり梅酒。
旅館:「ホテル三楽荘」さんの夕食

そして生ビール。フフッ。
旅館:「ホテル三楽荘」さんの夕食

お造り。
勝浦とかマグロが有名なので、この辺りもマグロ推しかと思ったけどそうでもなかった。
旅館:「ホテル三楽荘」さんの夕食

旅館:「ホテル三楽荘」さんの夕食

梅鳥の鍋。
梅干を作るときにできる梅酢を飼料に育てた和歌山のブランド鶏だそうです。
旅館:「ホテル三楽荘」さんの夕食

梅そうめん。
旅館:「ホテル三楽荘」さんの夕食

アワビの温泉蒸しだって。アワビなので即家内行き。
駅弁なんかで温めるタイプがあるけど、あれと同じで、
この器、蒸し器になってて、下の入れ物には乾燥剤+温泉でした。
旅館:「ホテル三楽荘」さんの夕食

食事の途中ですが...夕焼けがきれいでした。
旅館:「ホテル三楽荘」さんの部屋から望む夕日

ご飯はアサリの釜飯。
旅館:「ホテル三楽荘」さんの夕食

鯛のかぶと煮。
ご飯くれ~~!!
旅館:「ホテル三楽荘」さんの夕食

茶わん蒸し。
梅推しで中に梅干とか入ってたらどうしようかと思ったけど、普通でした。
旅館:「ホテル三楽荘」さんの夕食

旅館:「ホテル三楽荘」さんの夕食

旅館:「ホテル三楽荘」さんの夕食

旅館:「ホテル三楽荘」さんの夕食

ごちそうさまでした。
おいしゅうございました。

しばらくしてドカンドカン音がしたので見てみたらなんと花火。
花火大会という大きなものではなかったけど、どうもビーチラグビーの行事の一環らしい。
ラグビーの参加チームとかが費用を出してるんでしょうかね...、一発ごとにチームのメッセージが読み上げられてからドカン。何とも言えない間。
白浜海岸の花火

白浜海岸の花火

白浜海岸の花火

まさか花火が見れるとは思わなかったので、ちょっと得した気分で一日目が終了。
明日は、那智勝浦だ。



※ご注意:掲載内容は旅行/宿泊当時の情報です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://narunaru.asablo.jp/blog/2015/06/27/7694398/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。