和歌山旅行(3/4):ホテル「THE HOTEL しらはま温泉」さん2015/06/29 23:09

結婚記念日が近くなったということで今年は3泊4日で南紀へ。

【1日目】
行程:品川08:07発-新大阪10:33着(のぞみ207号)
    新大阪11:00発-白浜13:16着(くろしお9号)
宿泊:「ホテル三楽荘」さん

【2日目】
行程:白浜10:12発-紀伊勝浦11:33着(くろしお1号)
宿泊:「かつうら御苑」さん

【3日目】
行程:紀伊勝浦08:52発-白浜10:18着(くろしお14号)
宿泊:「THE HOTEL しらはま温泉」さん

【4日目】
行程:白浜14:34発-新大阪16:50着(くろしお22号)
    新大阪18:20発-品川20:46着(のぞみ46号)


3日目。
梅雨時とは思えないくらい良い天気。
こりゃ、今日も暑くなりそうだ。
旅館:「かつうら御苑」さんからの眺望

旅館:「かつうら御苑」さんにて

朝食はバイキング。
ここにも梅ジュースがあったけど、さすがに甘いので今日はパス。
旅館:「かつうら御苑」さんの朝食

朝食後、ささっとチェックアウトして紀伊勝浦駅へ。
駅の連絡通路は那智大社をイメージしてるんだろうね、柱が朱い。
紀伊勝浦駅

またくろしお号に乗車。
くろしお14号

天気が良いので景色も最高。
また橋杭岩の写真でも撮ろうかと思ったけど、観光案内や速度ダウンが無く、いつの間にか通り過ぎちゃった。
あのサービスはオーシャンアローだけ???
くろしお14号の車窓

白浜からはバスでアドベンチャーワールドへ。
アドベンチャーワールド外観


エントランスのアーケード。
今は10時半、ここの開園は10時、平日だしまだ開園直後だから空いてるなぁ、と思ったけど、パンダのバックヤードを巡るツアーとか良さげな有料アクティビティはほぼ満席。
どういうこと??
アドベンチャーワールドにて

エントランスのそばにだらしないレッサーパンダがいたけど、暑さのせい?
アドベンチャーワールドにて

さて、どこ行こうか。。。
まずは赤ちゃんパンダかね。
ってことで、ブリーディングセンターってところへ行ってみると、
人、人、人。
ここにいたか、ってくらいの混雑。
なんとか最前列へたどり着くと、いました。「桜浜(おうひん)」と「桃浜(とうひん)」がl。
アドベンチャーワールドの双子のパンダ「桜浜(おうひん)」、「桃浜(とうひん)」

となりのブースはお父さんでしょうかね...だらしない。。
アドベンチャーワールドのパンダ

パンダの次は...と外にでたところでウォーキングサファリってのがあるね。
草食動物のエリアを歩いて巡るんだって。
行ってみようか。
アドベンチャーワールドにて

広いねぇ。
アドベンチャーワールドにて

アドベンチャーワールドにて

アドベンチャーワールドにて

ところどころにエサの自販機(ガチャガチャのようなもの)があって、試しに一つ購入。
そしたらすかさず何かやってきました。
アドベンチャーワールドにて

アドベンチャーワールドにて

アドベンチャーワールドにて

アドベンチャーワールドにて

おやじカンガルー。
アドベンチャーワールドにて

ライオンが居るエリアを展望台から見ると、メスのライオンが集まって寝てました。
オスは離れたところで吠えてました。けっこうな声量で怖いっす。
アドベンチャーワールドにて

クロサイが
アドベンチャーワールドにて

倒れて白く...じゃなくて、クロサイの隣のブースにシロサイが居ました。
アドベンチャーワールドにて

なんだかんだで1時間くらい歩いたかな、小っちゃいゴールの看板を発見。
アドベンチャーワールドにて

お昼にしようか、とヒポバーガーってやつを購入。
アドベンチャーワールドのヒポバーガー

食べにくかったけど美味しかったです。
アドベンチャーワールドのヒポバーガー

動物ばかりじゃなーってことでジェットコースター「ビッグアドベンチャーコースター」に乗車。
園内にはいろんな乗り物があるけど、一番激しそうなのがこれ。
でも、宙返りとかあるわけでもなく、ぜんぜん余裕だね。
ビッグアドベンチャーコースター

アドベンチャーワールドにて

鳥の楽園ってとこは鳥だらけ。
インコの鳥かごの中に入れたけど、みんな上の方にいて降りてきてくれません。
エサを売ってたのでエサを持ってないと寄ってこないのかな。現金なやつらめ。
アドベンチャーワールドにて

アドベンチャーワールドにて

アドベンチャーワールドにて

途中で見かけた売店にはいろいろなパンが。
アドベンチャーワールドにて

そして家内はリスザルとのふれあいを体験。
手または肩を選択すると飼育員の方が乗せてくれます。
リスザルとのふれあい

センタードームのペンギン。
手前にコウテイペンギン、他のペンギンと比べるとちょーでかい。
アドベンチャーワールドにて

アドベンチャーワールドにて

アドベンチャーワールドにて

同じセンタードームでホッキョクグマのお食事タイムってのがあるんだけど、ちょっと時間があるので、おやつです。みかんジュースの種類がすごくたくさんあったけど、知らない名前のみかんジュースをいただきました。甘過ぎず美味しかったです。
アドベンチャーワールドにて

ホッキョクグマのお食事タイム。
アドベンチャーワールドにて

スタッフが魚や野菜、フルーツをあちこちに投げて、それをクマが追っかけます。
アドベンチャーワールドにて

アドベンチャーワールドにて

さ、今は、16時半。
17時閉園だからそろそろ出るか。
空いてると思ったらけっこうな人出だったけど、アドベンチャーワールド、楽しかったです。
動物だけじゃなくて乗り物もあったり、一日楽しめるね。
個人的にはTD○より好きだわ。

ということでそろそろ宿に向かいますか。
今宵は「THE HOTEL しらはま温泉」さん。
素泊まり専用の宿でリーズナブルな上に部屋には温泉風呂が付いてるんだよね。たのすぃ~みぃ~。
旅館:「The HOTEL しらはま温泉」さん

部屋は2階の203。
旅館:「The HOTEL しらはま温泉」さん

天蓋付きのベッドがあるワンルーム。
何か、マンションを改装したような感じで、まぁまぁ、値段相応かなぁ、って感じです。
旅館:「The HOTEL しらはま温泉」さん

旅館:「The HOTEL しらはま温泉」さん

箪笥とかクローゼットとかそういうのは無く、アメニティも棚にひとまとめ。
旅館:「The HOTEL しらはま温泉」さん

ベランダには源泉100%かけ流しのお風呂。これはうれしい。
旅館:「The HOTEL しらはま温泉」さん

旅館:「The HOTEL しらはま温泉」さん

ベランダからの眺め。遠くに白良浜。
旅館:「The HOTEL しらはま温泉」さん

素泊まり専用ということで、食事はどうしようってなるんだけど、フロントで希望を伝えるとお店をいろいろ教えてくれて、さらに送迎までしてくれるんだよね。
(送迎車が一台なので、混みあう時間は調整がいるけど)

2日間和食だったから、近くにある地ビールのレストランに行ってみよう。
ってことで、Nagisa Beer直営の「バーリー」さんに車で送ってもらいました。
ナギサビール直営レストランBarley(バーリィ)さん

ナギサビール直営レストランBarley(バーリィ)さん

誰か知りませんが、シンドラーさんの5種盛り。
ナギサビール直営レストランBarley(バーリィ)さん

白浜近辺の食材で作るカントリーピザ。
ナギサビール直営レストランBarley(バーリィ)さん

ナギサビールのペールエール。
地ビールらしく、ちょっと濃い感じが良いね。
ナギサビール直営レストランBarley(バーリィ)さん

梅鳥のソテー。
ナギサビール直営レストランBarley(バーリィ)さん

アサリのビール蒸し。
特にビールの香りとかは感じなかったので、何も言われなければ酒蒸しって感じ。
ナギサビール直営レストランBarley(バーリィ)さん

電話すれば迎えに来てくれるって行ってたけど歩いて宿に戻ろうか。
ちょっと坂はあるけど、宿から近いし、道は覚えてるし。

ナメてました。
歩いてみるとけっこうな急坂だね、こりゃ。
汗をかきかき宿に着いたら、フロントで歩いてきたんですか?ってびっくりされたよ。

さ、汗流しにいかなきゃ。
宿の大浴場は2か所あって、空いてたら鍵をかけて貸切にしていいんだって。
その内のひとつが空いてたのでラッキー。
旅館:「The HOTEL しらはま温泉」さん

大浴場って、スペースはたしかに広いんだけど、湯船が小っちゃくて、しかも浅い浅い。
ひざ下くらいの深さなので、寝湯みたいな感じ。同時に3人入れるかどうか。
あとは部屋風呂でいいや。
旅館:「The HOTEL しらはま温泉」さん

3日目が終了。
明日はとれとれ市場に寄って帰ろう。

しかし...
この時はまだ知らないが、那智大社にお参りしたせいか、また波乱の最終日が...



※ご注意:掲載内容は旅行/宿泊当時の情報です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://narunaru.asablo.jp/blog/2015/06/29/7694407/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。