北陸旅行2016(1/4):「ホテル黒部」さん2016/02/07 23:42

この時期になると家内がカニカニカニカニ言い出すので冬場恒例のカニ旅行。
今回は2012年以来4年ぶりの北陸へ。
初日は宇奈月温泉へGO!

【2/7】 
東京発09:44-黒部宇奈月温泉着12:18 (はくたか557号)
新黒部発12:30-下立着12:41 (富山地方鉄道本線(普通))
下立発14:29-宇奈月温泉着14:41 (富山地方鉄道本線(普通))
宿泊:「ホテル黒部」さん

【2/8】
宇奈月温泉発10:21-新黒部着10:45 (富山地方鉄道本線(普通))
黒部宇奈月温泉発10:59-富山着11:12 (はくたか555号)

【2/9】
富山発09:21-新高岡着09:29 (つるぎ711号)
新高岡発13:24-金沢着13:38 (つるぎ715号)
金沢発13:48-加賀温泉着14:13 (しらさぎ10号)

【2/10】 
加賀温泉発11:31-金沢着11:56 (サンダーバード9号)
金沢発14:16-東京着17:12 (はくたか568号)



初の北陸新幹線に乗車。
北陸新幹線 はくたか557号

北陸新幹線 はくたか557号

北陸新幹線 はくたか557号

今回、グリーン車を予約したんだけど、ほぼ満席。
外国人観光客の方も多くて、また皆さん荷物が多い。もう棚の上はパンパン。
北陸新幹線 はくたか557号

座席のリクライニングは電動だよ。
あちこち動かせるみたいだけど、個人的にはパッと動かせる手動の方が良いかな。
北陸新幹線 はくたか557号

手元にドリンクホルダーがあるのはいいね。
北陸新幹線 はくたか557号

落ち着いたところで、東京駅の中で買ったパンで軽い朝食。
朝食

黒部宇奈月温泉に到着。
外は雪。
いいねぇ、これよこれ。
黒部宇奈月温泉駅

ここからは富山地方鉄道に乗り換え。
新幹線の改札からは徒歩2~3分。
新黒部駅

宇奈月温泉の手前に地ビールが飲めるところがあるんだよね、ってわけで下立(おりたて)駅までの切符を購入。
さ、ホームへ、と思ったら、外が寒いからか、電車が来るまで駅舎から出してもらえず..しばらく駅舎の中で待機。
待つこと数分、電車が来るってことで駅員さんに連れられて乗客みんなでぞろぞろとホームへ。
到着したのは「かぼちゃ電車」の愛称を持つ映画「RAILWAYS2」にも登場した車両。
富山地方鉄道本線 普通車両

富山地方鉄道本線 普通車両

ワンマン運転で、2両ある車両のうち乗り降りの際にドアが開くのは前車両だけ。
降りられるのは一番前のドアのみ。駅に着くと車掌さんが出てきて切符の回収と運賃の精算をするようだ。
切符を持ってる人は渡すだけ。
無人駅から乗車する場合など、切符を持ってないときは乗車時に取った整理券で料金を支払うんだって。バスみたいですな。

勝手がわからず、切符持ってたけど乗車時に整理券を取ってしまった。
富山地方鉄道本線 切符と整理券

下立に到着。かぼちゃ電車を見送りながら地ビールを目指して歩く。
富山地方鉄道本線 下立駅

5分くらいで到着。
宇奈月麦酒館

おお、これだ。
宇奈月麦酒館

建物の中に入るとすぐ、スナックコーナー。
宇奈月麦酒館

奥のレストランに入って昼食です。
宇奈月麦酒館

宇奈月麦酒館

宇奈月麦酒館

宇奈月ビールが3種類あるので、全部をちょっとずつ楽しめる地ビール3種セットをオーダー。
あと、外のスナックコーナーで売ってるものも持ち込めるってことらしいので、外で白えびマヨあぶりかまをオーダー。

さっそく、ビール行きますか。
左からケルシュ、アルト、ボックだって。

とりあえず、右から。
失敗。
だんだん味が薄くなった。
左から行けばよかった。
次回から気を付けます。。。
宇奈月麦酒館

家内は豚丼。ご当地感まったくなし。
宇奈月麦酒館

自分はビールカレー。
地ビール使ってるんでしょうけど、まぁ、カレーだね。ご当地感は名称だけ...
白えびマヨあぶりかまが一番おいしかったかも。
宇奈月麦酒館

小腹を満たし、再び下立駅へ。
富山地方鉄道本線 下立駅

新黒部駅では雪が降ってたけど、雪も止んで陽が出てきたよ。
ちょっと寒いけど、まっすぐな線路と青空が気持ちいいっ。
富山地方鉄道本線 下立駅

またかぼちゃ電車に乗って、宇奈月温泉駅へ。
10分くらいで到着。
駅前には温泉の噴水。
宇奈月温泉といえばうなずきマーチを思い出すが、特に何か繋がりのあるものが残っているわけでもなく、そんなもんかと宿へ向かう。
宇奈月温泉駅

途中、黒部峡谷鉄道の宇奈月駅の前を通過。
冬季は営業期間外なので駅も閉まってるね。
黒部峡谷鉄道 宇奈月駅

5分くらい歩いて今宵の宿「ホテル黒部」さんに到着。
ホテル黒部さん

ホテル黒部さん

ロビーの隅には雛飾りと、
ホテル黒部さん

トロッコ電車の古い部品が。
ホテル黒部さん

部屋に向かう途中には釣りバカコーナーなるものが...
ここは釣りバカ日誌の撮影でも使われたらしいですよ。
ホテル黒部さん

お部屋は303。
ホテル黒部さん

10畳の和室と広縁。
ホテル黒部さん

ホテル黒部さん

窓からの眺めはいいですなぁ。
雪景色の山々とトロッコ電車が走る赤い鉄橋がきれい。
ホテル黒部さん

水回り。
ホテル黒部さん

内風呂はユニットバスだけど源泉100%。
源泉の温度が高いが、水で薄めるのは嫌なので、ちょろちょろと少しずつお湯を出して溜めはじめる。
ホテル黒部さん

ホテル黒部さん

とりあえず荷物を置いて、近くを散策するか。
フロントで、どこか近場で見どころありますかね?と聞いたところ、ホテルの近くに展望台がありますよ、ということで行ってみると....
除雪した雪に道をふさがれていて展望できず...なんじゃそりゃ。
やまびこ展望台

展望台はあきらめてお店が立ち並ぶ中心街に行ってみると、閑散とした感じ。
日曜だから、今朝みんな帰っちゃったんだろう。
宇奈月温泉の商店街

寂しい中心街を抜けて歩き続けると遊歩道の看板を発見。
宇奈月温泉の遊歩道

が、しかし、冬季は閉鎖だそうで。
どこもかしこも...ま、いいさ。
こうなりゃ、もう、戻って温泉だ!
宇奈月温泉の遊歩道

順序が逆か...温泉の前につい、アイス買っちゃったよ。
コシヒカリ入りの最中だって。
最中をかじると、ときどきガリッ、って感じで米らしき食感。溶けてくると柔らかくなってご飯に変化。
ん~、お米は入れなくてもいいんじゃないかなぁ....
こしひかり最中

とりあえず大浴場へ。
ホテル黒部さん

湯船は先客がいたので脱衣所まで。
ホテル黒部さん

ホテル黒部さん

大浴場はけっこう大きくてゆったり。
いい湯でした。

夕食は個室の食事処で。
ホテル黒部さんの夕食

まずは地ビールで乾杯。
昼間に飲んだ宇奈月ビールのケルシュ。
ホテル黒部さんの夕食

ホタルイカの沖漬けとかますのすしとか、郷土の食材、5種盛り。
ホテル黒部さんの夕食

養老豆腐。
豆腐というより、真丈みたい。ふわふわだねぇ。
ホテル黒部さんの夕食

甘海老、タイ、しその下に隠れたブリ。
今年は寒ブリが不漁で少ないんだとか。
ホテル黒部さんの夕食

氷見うどんだそうです。
やや細めでつるつる。稲庭うどんのような感じ。
ホテル黒部さんの夕食

豆乳鍋
ホテル黒部さんの夕食

マスにトマトとマヨネーズを載せて焼いたもの。
ホテル黒部さんの夕食

ゆで蟹
ホテル黒部さんの夕食

茶わん蒸し
ホテル黒部さんの夕食

地酒:黒部峡
ホテル黒部さんの夕食

地元のコシヒカリ。
ご飯、美味し!
ホテル黒部さんの夕食

コーヒーゼリー
ホテル黒部さんの夕食


ご飯がえらい旨かった。
温泉も堪能でき、満足満足。
さて、明日は富山に向かいまっせ。



※ご注意:掲載内容は旅行/宿泊当時の情報です。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://narunaru.asablo.jp/blog/2016/02/07/8016430/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。